This Category : 未分類

--.--.-- *--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--EDIT

2012.04.12 *Thu

UVカットの 【「ほんわかぷるるんうるおいダメージケア」歌ってみた】




カオスPさんの曲を歌わせていただきました。
きたときからめっちゃ好きで、オケがあがったら絶対歌わせていただこう!と思っていた曲でした。
動画のイラストのモケケさんも大好きな絵を描かれる天使さんで、
私も何度か動画のイラストを描いていただいたことがあります・・・まじ天使。

mix、エンコードはいつものアヒル軍曹Pです。
ほんとお世話になります。


聴いて想像していたよりも歌うほうが全然難しい曲でした・・・。
でもすごく楽しく、好き勝手に歌わせていただいた感じです。
よろしければ聴いていってやってくださいませ!
スポンサーサイト
20:50CM(2)TB(1)EDIT

2012.02.05 *Sun

小さな夢よ 【『ユメノユメ』歌ってみた】





あけましておめでとうございます!ひしもちです!

アヒル童話に収録されております、アヒル軍曹Pの「ユメノユメ」という曲を歌わせていただきました。

いろいろと思いのつまった曲ですが、とりあえずぜひ「マレーン姫」という童話を読んでいただきたいと思います。
私はこの話の登場人物、姫も王子もあまり好きじゃないですw

曲の受け取り方は人それぞれだと思うのですが、
私の中でめっちゃストーリーを考えてみました。
いろんなエンディングはあれど、ハッピーエンドはいつも主役のものなんですよねー。

ミックスはアヒル軍曹Pご本人にお時間割いていただきました。
appendが出てきてからウィスパー気味の曲が多くて、
苦手な私は四苦八苦です。
この曲はそんな感じですので、ぜひ頑張ってるなーと温かく見守ってやってくださいませ。
23:54CM(1)TB(0)EDIT

2011.06.18 *Sat



キョトンPさんの「Sepia」という曲を歌わせていただきました。
原曲リスペクトですが、キーがとても私には出せなかったので、
アヒル軍曹Pがアレンジというか、カバーというか、なんといっていいかわかりませんが
キーを変更してオケを作ってくださいました。本当にありがとうです。

そして今回、動画イラストをまよこさんという絵師さんにお願いしました!
まよこさんはこちらの動画見ていただけると分かるように、
とっても澄んだきれいなイラストを描かれる方です。
大好きな方に音も絵もお願いできて何たるしあわせかと・・・!

アレンジについて快諾してくださったキョトンPにも本当に感謝です。
つたない歌で申し訳ないなあと思う気持ちはあるのですが、
大好きな歌なのでなるべく雰囲気を壊さないように、自分が表現できるキーで、
きれいなオケで歌いたいなというわがままを叶えることが出来たので
とってもうれしく思っております。
歌自体は積雪ロックよりも前に録っていたので、若干懐かしい感じがしますがw


本家「Sepia」はミクさんがとってもエモいです。
突き刺さる音というか、ぎゅんぎゅんきます。語彙力の無さがうらめしいです。
ぜひぜひ聴いてくださいね。
20:47CM(0)TB(0)EDIT

2011.04.14 *Thu

good morning kids

久しぶりにテンプレートを変えてみたよ

通勤でいつも音楽を聴きます
最近聴いててぶわああっとライブのことを思い出して
「あー最近全然行けてないなー」と思ったりしていました。

今までそんなにたくさんライブ・アクトを見たわけではないと思いますが
その中でも特に印象深いものっていくつかあります。

「今まで見た中でベストアクトは何?」と尋ねられたら何て答えるだろー
とふと思って、一番に思いだしたライブがあるのですが。
数年前に行った某野外フェスでの、確かトリから一つ前のバンドの演奏です。
現在活動休止中のELLEGARDENのアクトでした。

それが生で彼らの演奏を聴いた初めてだったように思います。
夏の夕焼けってすごいじゃないですか。
その日もね、すごかったんです。もう、真っ赤で。
夏フェスだったので、演奏したのは5~6曲だったと思います。
その彼らの最後の演奏が「Good Morning Kids」という曲でした。
CDではよく聴いていたのですが、特に好き!という曲でもなく
すごくエモーショナルなバラードソングです。

歌詞の内容とその風景とタイミング、全てがかんぺきだったなー、と思います。
あれは本当に、なんというか、すごかった。
野外のよいところは周りの風景が変わっていくところじゃないかな。
陳腐な言い回しですが、燃えるような夕焼けの中で情熱的に歌われる声は
全身をこう、うねりと熱気と寂しさで包み込まれるようで
ものすごい印象的でした。

他にもいろいろ印象的だったアクトはあるんですが
(どしゃぶりの中でのビークルの「summer end」とか…w)
あのときの感動みたいなもの(何か感動とも違う気がする)は
なかなか味わえないんだろうなーと、CD聴きながら思ったのでとりあえず書いてみるテスト。


春ですなー
春嫌いの私にはアレな季節です。
17:03CM(3)TB(0)EDIT

2011.03.31 *Thu

生活

東日本大震災で被災された方々
多分、本当に大変だった方々はきっとこの文章を目にすることは無いと思いますが
それでも心よりお見舞い申し上げます。

震災から3週間が経とうとしていますが、大変なのはこれから先…
怒涛の日々が過ぎ去った後なのだと思います。


私の周りでも、いろいろな復興支援に向け動いています。
ニコニコに歌をあげて遊んでもらってる人としては詳しいことは言えないですが、
私自身も何とか力になれるように無い頭をひねり、鈍い体を動かしてます。



この表現が適当かどうかは分からないですが、
未だ最前線で日本を守るために闘って下さっている方々もおられます。
自分では直接的に出来ることはないのですが、せめてそういう方がいることを
忘れないようにはしたいと思っております。
偽善的で「意味ねーよ!」といわれるかもしれませんが…。



当たり前の生活が当たり前でなくなる経験、
災害にあらずとも、生きている中でみなさん色々とされているのではないでしょうか。


生活は不安だらけです。
心の中も頭の中も、不安がからっぽになることって私はあんまりないです。
それで、不安を乗り越えられることもあんまり無いです。
何となく引きずって、何となく生活しなきゃなあ、と思って、
今まで来ている気がします。


私が今こうやって音楽を聴けているのも、
PCに向かって文章を打てているのも、
私の生活に余裕があるからだと思います。
読めている方にもきっと、いろんな事情はあれ、ある程度余裕があるんじゃないかな、と思います。

余裕があって娯楽を楽しむことは悪いことじゃないです。全然ちがうと思います。
だけど私にとってやっぱり音楽は「薬」だけど「娯楽」です。

娯楽の力はすごいです。私みたいなネガティブなのがちょっとだけポジティブになれます。
不安だらけの生活を一瞬だけからっぽにしてくれたりします。
その力を否定するつもりは全くないです。


ただ、身の安全が保障されて、生活するコミュニティがあって、
やっぱりそれからだよなあ、と思うのです。
娯楽では取り除けない不安、解決できないこと、沢山あると思います。


たとえが音楽ばかりで申し訳ないですが、
「音楽があってよかった」と思う方もいれば
「こんなときに音楽なんて」という方もいて当たり前ですし実際そうだと思います。


けど、娯楽が生活の邪魔になるなら自重しなきゃいけないよな、と
ただそれだけは思いました。それだけです。


音楽で人が助けられるなら私だって音楽大好きだし、やりたいけど、
自分の歌で誰かが助けられるなんてことは今思えないし
多分もっと、私ほかに出来ることとかやらなきゃいけないこと、必要なこと、あるよな。



自分のやりたいことと、できること、必要なこと。
どれが今大事なのかだけは見失わないようにしたいなと思った次第でした。
結果なんてやってみないと何でも分かんないけど
「やってみないとわかんないじゃん!」って考えるのを放棄するのも改めたい。

まだまだこれからです。
年度が変わり、今後どうなるのか不安な方もいっぱいだと思います。
何だか私も不安です。


引きずれない不安ならどうにか分け合ったり落としたりして、
何とか引きずって、生活していきましょう。
19:26CM(0)TB(0)EDIT


プロフィール

ひしもち

Author:ひしもち
ニコニコ動画というところで歌を歌っています。

◆ひしもちマイリスト◆



最新記事



tsubuyaki

 



最新コメント



月別アーカイブ



カテゴリ

未分類 (29)
あいさつ (1)
ただの雑記 (17)
歌ってみた (23)
おりょうり的な (6)
好きな音楽とか (1)
好きなPとか (0)
ボカロ曲とか (0)
お知らせ (1)



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



QRコード

QRコード



Copyright © いちかばちか、菱餅は不思議な踊りを踊った All Rights Reserved.
テンプレート配布者: サリイ  素材:Bee   ・・・ 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。